シンクのかたすみ

とある審神者の雑記。刀剣鑑賞、旅行記、考察、神社とスピリチュアル的な何か、雑記。

BOOTHあんしんパックを使った通販方法の覚書※ヤマト営業所の場合のみ

今回もご好評いただき本当にありがとうございました……!!
どうぞ宗三ちゃんを連れ回してやってください!
そして小田原組増えろ。日光一文字、本科山姥切実装はよ!!!

ご挨拶はさておき。

前回のテンパりまくった反省会記事が結構見て頂けているようなので、今回はより効率的なBOOTHあんしんパックを使った通販の方法をまとめたいと思います。

はじめに書いておきますが、この記事は引用可、です。ちなみにこのブログの他の記事はしてほしくない。
個人的に、販売者としても購入者としても匿名通販がめちゃくちゃありがたいので、匿名通販敷居高そう〜って方にも使っていただきたい。

そしてこの記事を一番見返すことになるのは私だと思うので、知ってること洗いざらい書いておきます。誰かの役に立てば幸い。

なげーよ!!って方は本題の「▼梱包〜2次元コード発行〜発送」か「▼発送チェックリスト」へどうぞ。

ただし、ヤマト営業所を利用する場合のやり方しか書いていません。私がわからないので。コンビニ利用予定の方はあまり参考にならないかも。

前回と重複する部分もあり、長いので、読まないところは飛ばしてください。

【20171120 修正】

 

 

 

BOOTH通販のおおまかな流れ

  1. BOOTHで注文を受ける
  2. 注文を受けた品物を梱包して封をする
  3. 発送準備が整ったら、BOOTHの注文一覧から2次元コードを発行する
  4. ヤマト営業所に行って、BOOTHの説明通りにネコピットを操作する
  5. 出てきた送り状をお店の人と確認して貼ってもらう

匿名ではない自家通販をする方も、作業手順的にはそんなに変わらないかなと思います。
他の方のレポを見る限り、コンビニとヤマト営業所では4〜5の手順がかなり違うようです。でも今回はタイトル通りヤマト営業所のみを扱います

私は前回が人生初めての自家通販だったのですが、たぶんヤマト営業所のほうが手順的にも楽だし、大きな営業所でない限り空いてるし、レジが混雑するようなこともないので、個人的にはヤマト営業所がおすすめです。
もちろん近くにない場合はその限りではありませんが!

きっと皆さんいくらかレポ漫画とか見てからここにたどり着いたと思うのですが、レポで他の方も仰っていたように「本当に2次元コードしかないので区別がつかない!」っていうのは私も全く同感です。
次の項目で詳しく書きますが、販売者側が得られる個人情報はメールアドレスのみです。匿名なので当然ですが、名前とか住所とか全く書いてないです。ただし発送後、およその地方はわかってしまいます。後述。

なので、注文番号がかなり重要になってきます。
前回の反省を踏まえ、できるだけ混乱しないように作業するにはどうしたら良いかを以下でまとめました。
具体的に言うと「▼梱包〜2次元コード発行〜発送」の項目に書いてありますので、他の項目に用がない方はそちらへどうぞ。

BOOTHあんしんパックの仕様

▶注文者の情報はメアドしかわからない
f:id:vespernobilis:20170723121948p:plainf:id:vespernobilis:20170723122041p:plain

注文番号、注文・支払い・発送日時、購入者メアド、注文商品、2次元コード、サイズ、有効期限、受付番号とパスワード(※コードが読み取れなかった時用)

以上がこちらにも分かる情報です。上でも書きましたが購入者様の情報はメアドしかわからず、「メッセージを送る」ボタンを押してもBOOTHを通してメッセージが送られるらしく、販売者のメアドは通知されないそうです。
この中で重要になるのはたぶん2次元コード以外だと注文番号受付番号です。
注文番号はともかく受付番号が何故大事かというと、この番号だけはネコピットで住所等確認するときに表示されるから。
詳細は後述します。

▶追跡番号は発送後に自動表示される

荷物の追跡番号は発送後、注文ページの各注文詳細画面に表示されます。

f:id:vespernobilis:20170723122858p:plain

購入者側でも同じように追跡番号が表示されるので、匿名通販の場合は追跡番号を表示しないほうが懸命です。

っていうのも私が前回テンパりまくって失敗しでかしたんですよね。
前回私が発送した時は、完了通知ボタンを押すとお問い合わせ番号などを記載しましょう!みたいな表題と一緒に完了メッセージ入力画面が出てきたのですが、どうも改善されている様子なので間違いは起こらないと思います。
この画面はたぶん匿名通販以外の方向けなので、匿名通販には関係ない様子。

▶おおよその地方は互いに知られる

前回気づかなかったのですが、発送後に表示されるヤマト運輸の問い合わせ番号を確認すると、どうやらこちらの発送した支店・中継地点・最後に到着した支店がわかってしまうようです。
今回気付いて天を仰ぎました。

私は仕事の外回り中に発送しているのでいいんですが、互いに匿名なのにそこまでわかっちゃうのか〜って思う部分はあります。
ただこの点に関しては「営業所の場所くらいなら別にいいかな〜」って人もいれば「営業所の場所わかっちゃうの!?」って人もいると思うので、一応対策を書いておきました。
匿名通販のマナーとしては、お互いに問い合わせ番号ページを見ないよう心がけるほうがいいのかもと思います。マナーは大事。

販売者側の取れる対策としては、よく行く出先から一番近い営業所から発送することでしょうか。学校や職場などですね。私は先程も言ったとおり仕事の外回りついでに発送してます。
正直販売者側はこれ以上取れる対策がない……なのでせめて県名表示に留めておいてほしいですよねー……。でもヤマト側の仕様的に難しいと思うので、気になる方はちょっと遠くから発送するといいかもです。

購入者側の取れる対策としては、営業所止めの住所を指定して注文することでしょうか。
とはいえこれでも受け取る営業所はわかってしまいますが、自宅の近所より職場の近所などを指定するなどで対策はできそうです。私はネット上で知り合った人との手紙のやり取りなどはいつも郵便局留めを使ってますね。
詳しいやり方は各自ググって頂きたいですが、BOOTHではお届け先住所を複数指定できると思うので、そちらにヤマト営業所の住所+(営業所名)止め、と登録すればいけるはず。
残念ながらBOOTHのよくある質問ページには該当する問い合わせはなかったようなので、一応一番近いページへのリンクを貼っておきます。

booth.pixiv.help

 

▶とても混乱する

上記の通り、注文者を識別する情報が本当にメールアドレスと注文番号しかないです。
しかもBOOTHを通して使えるメッセージ欄も、相手が名乗らない限り匿名。名乗ったとしてもたぶんハンドルネームなので無問題。
しかしメールアドレスはとても大事な個人情報です。たとえフリーメールを使っていたとしても。
なので発送時にメールアドレスをメモするのはやめておいたほうが懸命だと思われます。
代わりのダブルチェックの方法を考えてみました。
チェック方法にしか興味ない方は「▼梱包〜2次元コード発行〜発送」へ飛んでください。

▼商品登録〜購入手続完了

▶匿名自家通販最高

BOOTHあんしんパックでの通販は、BOOTHメニューから商品登録自家通販を選んで情報を埋め、送料「あんしんBOOTHパック」のプルダウンメニューの中から選択して登録するだけ。
後からいくらでも編集可能です。もう説明するまでもないくらいこれだけです。
私は前回の通販が終わるまで「倉庫から発送でしか予約販売はできない」と思っていたんですがそんなことはなく自家通販でも予約販売が可能です。

自家通販でも「発送予定日」を発送予定日に指定することで予約販売ができます。
ですが「予約締切日を設定して自動で注文を締め切る」ことと、予約販売の時に「予約数を見てから金額を決める」ことができません。

発送予定日だけ指定して放置すると商品数が0になるまで予約を受け続けてしまいます。
でも締切日などの設定はできないので、現状は予約締切日に在庫数を0に指定して売り切れ状態にしてから発送日を待つことになります。
あるいは商品を非公開にするかのどちらかですが、いきなり商品が消えるのは心臓に悪いので在庫数を0に指定するのが無難かなと思います。

また、予約確定と同時に支払いが行われるため、予約数を見て価格を決めることができません。
この機能があったら私のような同人活動は通販専売派」って人にはありがたいんじゃなかろうか。
知っての通り同人誌や同人グッズは発注する部数や個数次第で単価が変動するので、「ブクマいっぱいついてるからいけるじゃろ!」と思って価格を安くしても実際の購入者数が追いつかない……、ということもあったりします。
現状そういう状態を防ぐには、確実に原価が割れない価格設定にするか、Twitterやpixivのアンケートなどで購入者数をある程度把握する、くらいしかなさそうです。
でもそれって私のようなTwitterやってない人間にはキツイ。できるだけ手に取りやすい価格設定にしたいんですけどねー……人数が読めないのはね……。
キャンセル処理とか色々面倒はありそうだけど、あったら嬉しいですBOOTH運営さん。

▶購入手続〜発送完了まで

念のために書いておきますが、購入手続きは以下の通り。

  1. 販売者が商品を登録
  2. 購入者が商品を購入(クレカ支払いだとこの時点で決済完了。ステータスが「支払済み」になる)
  3. 購入者が代金を支払う(銀行振込の場合、支払期限一週間で確認まで最低3時間とBOOTHには書いてある)
  4. 販売者が2次元コードを発行する(ステータスが「支払済み」にならないと発行できない)
  5. 販売者が商品を梱包し、発送する
  6. 販売者が注文一覧ページから「発送完了通知」をする(しないと売上が振り込まれず、購入者に問い合わせ番号が通知されない)

f:id:vespernobilis:20170723124038p:plain

ということで、決済完了が確認できない限り2次元コードが発行できません。
だからクレカ支払いだと即座に準備ができるのでやりやすかったりします。
銀行振込も期限があるので、ちゃんと期限内に振り込まれないとキャンセルになってしまう模様。

ちなみに通知メールをONにしている場合、クレカ支払いの場合は1度、銀行振込の場合は購入通知と振込確認通知で2度通知メールが来ます。

それと発送後は必ず注文一覧ページの各「発送完了を通知する」ボタンから発送完了通知を送ってください。
当たり前っちゃ当たり前ですが、この作業をしないとBOOTH側で発送完了を認知できず、売上の振込ができません。また、たぶんこの通知と同時に問い合わせ番号が通知されると思われるので、この作業は忘れないように。

でも「発送完了を一斉通知」はできないので、一個一個発送完了通知を送ることになります。文章編集もできるのですが、ぶっちゃけスマホからだとものすっごい面倒な作業です。
私はいつも仕事の外回りついでに発送したりしてるので、せめて発送通知のテンプレートを編集できたり、ボタン一つで一斉通知出来たら嬉しいなーと思うんですよ。
今回の駕籠の鳥アクキーと小田原組アクキーはご注文いただいた分すべてを同時発送したんですけど、この作業がちょっと面倒くさかったです。
BOOTH運営さーん検討お願いしまーす!

 

▶「再販希望通知メール」機能

ちょっと脇道にそれますが、「???」と思ってた機能について。
商品一覧画面のこのメールマークなんだろな〜って思ってたんですが、「再販希望通知メール」を頂いている人数だそうです。
販売者側でいう在庫数0の状態の時に商品ページに表示される再販お知らせメールボタンのことですね。あれを押してくださった方の人数だけが表示されます。個人名だとかは一切表示されないです。
たぶん再販希望を頂いた商品ページの在庫数を1以上にすると、再販希望者に通知メールが届くのではなかろうか。

今回小田原組アクキーを再販しようと思ったのはこのメールマークの意味に気づいたからだったりします。やたらスキ!が増えてるなーと思ってたんですけどこのマークに気付いてたらもうちょっと早く再販決めてましたよ!!もう!!

すっごく余談ですが、このマークの横に0以外の数字が入ってるのってすっごくうれしいですね。めちゃくちゃ良い機能だと思います。

▼梱包〜2次元コード発行〜発送

▶ここが一番ややこしい所

先にも書いたとおり、注文番号と2次元コードのほかにこちらに分かる情報はほとんどなく、ほんとに照合用の手がかりが少ないです。
ですからこの段階で間違いがないのを死ぬほど確認してから営業所に向かいましょう。
解説すると長いのでシンプルなのをこの項目の一番最後においておきます。

前回の私は発送でテンパるようなアンポンタンでしたが、今回の私は完璧で幸福なので、たぶんきちんと発送を終えることが出来ました。たぶんね。

今回は2次元コード発行〜梱包〜発送までの手順を書いておきます。

  1. 2次元コードを発行する時、品名欄に品名と注文番号(7桁)を記入する
  2. スマホの場合)2次元コード〜受付番号とパスワードまでを1画面に表示して、スクショを撮る(必要ならスクショ内に注文番号を記載する)
    (PCの場合)上記同様、あるいは2次元コードを印刷する
  3. 各封筒に鉛筆で注文商品・個数・注文番号(7桁)をメモする
  4. 商品を梱包し、内容を封筒のメモと照らし合わせてから封をする※①
  5. 商品をヤマト営業所に持ち込み、ネコピット先輩で2次元コードを読み込む
  6. 2で撮ったスクショor印刷用紙と画面をそれぞれ照合し、合っていたら送り状を発行※②
  7. 複数ある場合5〜6を繰り返す
  8. 送り状と封筒を照合し、送り状を貼るor貼ってもらう(※複数ある場合はこの作業を繰り返す)※③
  9. 送り状の控えを貰う

ちょっと長いですがこんな感じです。
前回色々やらかしたので細かめに書いています。

軽く説明をすると、商品本体・封筒・スクショ・ネコピット先輩間が一致するように、尚且つできるだけスマホだけで済むように(メモを紛失しないように)、ネットエラーなどでもスムーズに作業ができるように手順を組みました。

シンプルに言うと※①封筒のメモと商品本体を照合、※②スクショ・封筒とネコピットを照合、(※③封筒と送り状を照合)という形になります。
※①で商品本体=封筒に、※②でスクショの受付番号=ネコピット(送り状)=封筒、となるはずです。
もし※②の段階で何かしら不一致が起きたら確認をし直してください。
基本的に※②の段階で封筒=送り状になっているはずなので、営業所の方が販売者の作業中に席を離れたり、販売者が封筒の順番をごっちゃにしたりしない限りは※③の手順は不要です。

スクショを撮るのはネットエラーでも充電さえあれば作業ができるようにするためです。あと前回戻るボタンがうまく機能しなかったのでその対策。
スクショに注文番号を書き込むのは不安な人向けです。

いちばん大事な照合について話す前に、ネコピットの概要についてお話します。

▶ネコピット先輩ぐう有能

ネコピットというのは、ほぼ全国のヤマト営業所に配置されているタブレット端末のこと。
大きくてクリアな画面をチェーンで繋がった専用タッチペンで操作します。スマホが使えれば余裕です。スマホに指を認識してもらえない私でもタッチペン様のお陰でスムーズに操作できました。

この端末には背面にカメラが搭載されており、画面や印刷した2次元コードを背面に持ってきて読ませることになります。レポでも見かけましたが、画面を回転設定にしているとすごく手間取ると思うのでOFFにしておくことを推奨します。

BOOTHで2次元コードを発行した後、下部に配送申し込み券の発行手順という項目があるので、そこからヤマト営業所での手順を選択すると操作方法画面に飛びます。

メチャクチャ簡単なので書きますが、
連携フリマサイト・提携企業サイト(右下)→2次元コードをお持ちの方(左)→コードを読み込ませる→画面の内容を確認→(ネコポス以外はお届け希望日・時間帯選択画面へ)→右下の印刷ボタンを押す→お店の機械で送り状が印刷される
という手順です。

ここでネコピット・送り状の仕様について重要事項を書いておきます。

  • 内容確認時、BOOTH上に表示され(or登録し)尚且つネコピット上でも表示されるのは「受付番号」「品名」「荷扱い」のみ。
  • 尚且つ送り状本体に表示されるのは「品名」「荷扱い」のみ。
  • 内容確認時、依頼主(※販売者)の住所氏名が画面に表示されるが、購入者には通知されない。
  • 一度読み込ませ発行した2次元コードは再度読み込ませることが出来ない。つまり品名等のミスは一度送り状を印刷してしまうと修正できない。
  • ただし、印刷してしまう前にネコピットの操作を取り消し、再度BOOTH上で内容を修正し2次元コードを再発行、再発行した2次元コードを読み込ませれば内容の修正が可能。たぶん再発行前と後のコードは別物。

つまり「品名に注文番号をメモしておけば、送り状控えまで照合が可能」「一度印刷したコードは再読込できない」ということ。
この段階で内容を確認しないと悲惨なことになるので気をつけましょう。

正直ネコピットでの作業が一連の中で一番簡単でサクサク進むので、私はヤマト営業所に持ち込むのをおすすめしてます。レジ混まないしね。
事前準備をきちんとしていけばあんまり時間かからず作業できますから、本当に、事前準備はきちんとしましょうね……。

 

1.2次元コード発行・スクショ撮影

上の手順の1〜2にあたる作業です。
2次元コード発行自体は、決済完了後にメニューの注文一覧→各注文の「注文詳細を見る」から発行できます。
少しスクロールすると2次元コード発行のフォームがあるので、そこから必要情報を記入します。
サイズ、品名、荷扱い(2つまで)を指定するだけなのでメチャクチャ簡単です。
画面はこんな感じ。

f:id:vespernobilis:20171120223945p:plain

この時、必ず品名欄に注文番号(7桁)をメモしておいてください。(※例:キーホルダー【1234567】)
でないと照合用のヒントがなくて死にます。

【20171120追記】
この点に修正が入ったようで、あらかじめ品名と注文番号を書いておいてくれるようになりました!
品名はデフォルトだと「書籍」になっているので、ここを「キーホルダー」などに変更して使います。

品名で変換ミスとかしても、コードをネコピットに読み込んで発行するまではBOOTH上で再発行できます。再発行すると前のコードは使えなくなる様子。
注文番号はページの上部に表示されているのでそこからコピペするのが楽です。
この2次元コードも注文ごとに一個一個地道に発行していきます。

ちなみに、2次元コードが上手く読み取れなかったときなどのために、2次元コードの下に受付番号とパスワードが表示されます。
ネコピット先輩では2次元コードが読み取れなかった場合受付番号とパスワードを入力することで、2次元コードをピッした時と同じ送り状発行画面が表示されます。
2次元コード=受付番号とパスワードなんですね。
それを踏まえてスクショを撮るとこんなかんじ。

f:id:vespernobilis:20170723122041p:plain

最初にも触れましたが、この受付番号とパスワードは重要です。
なぜなら販売者の持つ情報の中で唯一ネコピット上で照合可能な情報だからです。
受付番号は2次元コードが読み取れなかったときに使う番号なので当然といえば当然なのですがネコピットで送り状発行画面が表示された時、受付番号は画面左上あたりに表示されます。(※ネコピットのバージョンによる?)
もし品名に注文番号を書かなかった場合、受付番号しか照合可能なヒントはありません。
なので必ず2次元コードと一緒の画面に収めてスクショを撮りましょう。

あとBOOTH運営さん、できたら2次元コードのすぐ上あたりに注文番号(7桁)を表示しておいてくれたらスクショに注文番号メモなんてしなくていいので検討してほしいですお願いします。

 

2.封筒にメモ・商品照合(※①)

手順の3〜4にあたる作業です。
封筒に鉛筆で注文商品・個数・注文番号(7桁)をメモしておくだけです。
前回受付のお姉さんに「中身が異なるものを送る時は中身を鉛筆でメモしておく方もいますよ〜伝票貼っちゃえばわからないので〜」と言われたので実践してみたのですが、これ、かなりイイです。

私は自家通販かつ予約販売だったので、注文を受けたら即封筒にメモしておきました。
それで実際に商品が印刷所から届いて梱包する段階で、封筒のメモの通りに梱包すればいいのです。
メモもシンプルに「カゴの鳥×1 1234567(注文番号)」と鉛筆で書いただけですが、十分対応できました。
この段階でBOOTHでの注文内容=封筒のメモ=梱包して封入した商品になったわけで、商品照合(※①)が完了します。

個人的な感覚ですが、封入してからメモをするよりメモをしてから封入したほうが間違えないです。前回散々失敗したアホが実感を元に言うんだから間違いないです。

私のように忘れっぽい方や、ミスしたくない方は先に封筒にメモをしておくことを強くおすすめします!!

 

3.封筒とネコピットを照合(※②)

手順の5〜7にあたる作業です。
ネコピットについての詳細に書いたとおり、2次元コードを読み込ませ、『画面の内容を確認』という段階がネコピット(≒送り状)と封筒の照合箇所になります。

もし不安な方は受付番号のスクショもこの段階で照合します。

先述しましたが、品名に注文番号を書かなかった場合、受付番号しか照合可能なヒントはありません。
しかも受付番号は送り状に表示されません。

なので『画面の内容を確認』段階で「封筒の注文番号と品名の注文番号」「スクショの受付番号と画面左側の受付番号」を照合し、あっているのを確認してから送り状を発行しましょう。

おそらく(スクショを表示させておく→受付番号を照合→)該当の注文番号の封筒を取り出して照合→受付デスクに並べる、という手順なら送り状を貼る段階までスムーズなんじゃないでしょうか。
例えばネコピットで受付した順に並べて「左から右に受付したので、そのとおりに貼ってください」と言えばたぶん合致するはず。
あるいは「◎件あるので、発行したら貼る封筒を出すので受付お願いします」と言うと一件発行してすぐ貼ってもらえるので間違いないかと。

もしこの段階で封筒の注文番号と品名の注文番号が一致しなかった場合、スクショが重複している、注文番号を書き間違え打ち間違えた・注文番号をコピペミスしたなどの可能性がありますので、一度ネコピットでの受付を中止し、BOOTHを開いて再確認してください。

ここまでスムーズに進められれば「封筒と送り状の照合(※③)」は不要でしょう。
ただ、受付の人が受付中席を離れる、販売者が封筒の並びをごっちゃにするなどの可能性もあるので、そういう場合は「封筒と送り状の照合(※③)」をした方がいいかもです。

 

4.封筒と送り状を照合(※③)

手順の8にあたる作業です。

この作業を間違えて間違った送り状を封筒に貼ってしまうと、当然ながら中身が別の購入者様のもとに届きます。
中身がすべて同じだった場合ここまで気にしなくてもいいのですが、商品が複数種類ある場合は必須の作業です。

とはいえ「封筒に書かれた注文番号と、送り状の品名の注文番号を照合する」だけですが。

たぶん普通複数の封筒を持ち込むと、印刷した送り状を渡されて「封筒の上に送り状を置いてください」と指示されます。その時に照合して置いていくだけです。
前段階で順番に並べておくなど工夫すると楽ですね!

この作業が終わり、営業所の方が送り状の処理を終えると送り状の控えを渡されます。
これで発送作業は終了ですので、BOOTHを開いて「発送完了を通知」します。

  

▶梱包用封筒の話

ちなみに梱包用封筒は、ネコポスの場合長形3号が最低サイズに一番近いみたいです。つまり12cm×23.5cmですね。
ちなみにネコポスの最低サイズは23cm×11.5cmです。
アクキーの発送にはこのサイズで十分だな〜と思ったのでこの封筒を使いましたが、この封筒だと送り状を貼ると上から3〜5cmくらい残して全部送り状で埋まります。
つまり柄付きの封筒とかだとガッツリ送り状が貼られるのでおすすめしません。
そしておそらく最低サイズ以下だと送り状がはみ出るから不可なんだろうなってよくわかりました。

発送チェックリスト

★事前準備
□ 2次元コードを発行する時、品名欄に品名と注文番号(7桁)を記入
□ 2次元コード〜受付番号とパスワードまでを1画面に表示して、スクショを撮る(必要ならスクショ内に注文番号を記載する)
□ 各封筒に鉛筆で注文商品・個数・注文番号(7桁)をメモする

★照合作業
□ 商品を梱包し、内容を封筒のメモと照合してから封をする
□ 『画面の内容を確認』段階で「封筒の注文番号(7桁)と品名の注文番号(7桁)」を照合する※必要に応じて「スクショの受付番号と画面の受付番号」も照合する
□(必要に応じて、送り状の注文番号(7桁)と封筒の注文番号(7桁)を照合する)

★必須作業
□ 発送完了後、BOOTHの注文一覧から「発送完了を通知」すること。

※注意事項

■ 一度印刷した2次元コードは再読込できない
■ 送り状に修正がある場合はネコピットの操作を取り消し、2次元コードを再発行して対応する
■ 内容確認時、依頼主(※販売者)の住所氏名が画面に表示されるが、購入者には通知されない

BOOTH運営さんへの要望

①予約締切機能つけて欲しい

前述の通り。
現状だと締め切りたい日に手動で在庫数0に設定しないとその後も予約を受け付けられちゃうけど、指定した日に自動で在庫数を0にするとか受付を止める機能があればすっごく便利です。

②値段を後から決める機能をつけて欲しい

前述の通り。
正直キャンセルの処理とか出てきちゃうと思うので難しい気もしてるけど、通販専売で同人活動してる身としてはあったらとても嬉しい。

③発送完了を一斉通知する機能付けて欲しい

前述の通り。
今回の私みたいに一斉に発送する人が何十個も通知するのしんどいと思います!
それかデフォルトのメッセージを編集してテンプレートとして保存できる機能欲しいです。

④注文番号(7桁)を2次元コードの近くに表示して欲しい

前述の通り。
理由はこれさえあればスクショに注文番号をメモしなくて済むから。メモはなくすもの。ミスが防ぎやすくなるし、先の手順で言えば封筒とスクショを照合しやすくなるので※②ネコピットとの照合がわかりやすくなるので嬉しい。

完璧で幸福な匿名通販のためのあれこれまとめ

長々と書きましたが、ぶっちゃけ匿名通販すっごい気楽でいいです。なにせ個人情報がこちらもあちらもあんまり漏れない!
ちょっと事前準備をしっかりするだけで十二分にミスは防げると思います。完全にと保証はできませんししませんけどね。
あとは実際やってみないとわからないと思うので、とりあえずやってみよー的な気持ちでGOするのが一番だと思います。
私だって前回が人生初めての通販でしたがあんしんBOOTHパック使いましたしね!
かがくのちからってすげー!って思います。
そしてもっと匿名通販が広がってくれれば色々買いやすくなるのでほんと広まってくれお願いします!!